吉岡版思うままに「幡 (ばん)」

東大寺大仏開眼1250年慶賛大法要で飾られた幡

東大寺大仏開眼1250年慶賛大法要で飾られた幡

「幡」と書いて、「ばん」あるいは「のぼり」とも読む。古く仏教寺院などで慶賀の法要がある日などに、高い塔の上、または大門、庭などに飾る、華麗な「旗」のようなもので、その日が特別の日であることを知らしめたものである。神社で、祭礼の日などに、たとえば「八幡大明神」と大きく染め抜かれた幟を参道の両側に立てたりするのと同義である。

かつて紙は贅沢品であり、まして電波媒体などはなく、広く人々に行事の日時を報せる手段といえば、木製の高札くらいであったから、「幡」は、格好の広報手段であったのであろう。

私は植物染の工房を営んでいるので、古い社寺からこのような旗や幡の製作を依頼されることがたびたびある。絹糸を染めて織ったりして、多彩な色で表現し、意匠にも工夫を凝らして仕上げていく。

このような仕事をしているせいか、商店街に売出しのなどに幟がなびいていると、ナイロン製でしかも化学染料かインクで彩色されたいやな感じの色が多くて、思わず眼を背けてしまうことがある。

京都へ観光に訪れる人たちは、古都に対してある種の思いを抱いているわけだから、商店街の幟といえど、素材や色彩表現に、もっと配慮があってもいいのではないだろうか。たとえば、生成りの麻布に手書きの墨文字でもよい。あるいは型染だったりすれば、染織の街・京都にふさわしいのではないかと考えるのである。

カテゴリー: 吉岡幸雄 思うままに
タグ:
吉岡版思うままに「幡 (ばん)」 はコメントを受け付けていません。

蓼藍 (たであい) の本植え

蓼藍の本植えをした畑

蓼藍の本植えをした畑

藍染に用いる「蓼藍 (たであい)」の葉は、春に種を蒔いて梅雨のあけた真夏に収穫します。

私どもの工房で染めるのには、阿波徳島のすくも (干藍) を主に使っておりますが、近くで栽培して、生葉染などに応用しています。

工房のあるところから南は、かつての巨椋地の干拓地で、水田が広がっていて、湿りもあるところから、蓼藍の栽培には適しています。

農家にも作付を依頼していますが、工房の福田さんが四月に種をまいておいてくれたものは、蒔田さんという方の御厚意で借りている畑で育てています。

6月6日〜7日、その苗を移植して本植えをしました。

あとおよそ60日、1メートル近くまで十分な色素を葉に含みながら生長してくれることを祈るのみです。

カテゴリー: 工房の季節便り
タグ:
蓼藍 (たであい) の本植え はコメントを受け付けていません。

吉岡版思うままに「看板と暖簾」

15年ほど前になるが、ある建築雑誌に連載で、「京都の意匠」というタイトルで、京都の社寺や民家などの細部の造形美について書いたことがある。ある回は、「看板と暖簾」というテーマであった。

貨幣経済が発達するまでは、街や村には決められた日に市がたち、物々交換が行なわれていた。やがて、都市の機能が整うと、そこには恒久的な店舗が構えられるようになる。すると、何を商っているのか、どういう屋号なのかを表示して、通りを行く人びとに知らせ、呼び込むことが必要になって、店先に暖簾が掛けられるようになった。しかし、軒下に掛けられた暖簾は、正面近くまで来なければ見えない。

江戸時代になって都市が大きくなり、通りを行き交う人も多くなってきた。そこで、軒先に看板が掲げられるようになり、それは通りに直角に突き出すことも可能であるから、より目立つ存在になったのである。江戸時代の町並みを描く「洛中洛外図屏風」などを細見すると、その意匠には感心させられるものが多い。

かつて雑誌の取材で回ったおりも、建物にも気品が感じられる老舗では、やはり暖簾も看板も重厚で、色といい形といい、感性の高さのうかがえるものが多く、さすがに京都だと感じ入ったものだった。

ところが、このところ京都の街を歩いていると、色遣いがどぎついだけでなく、歩く人を威圧するようなものがあって、心が落ち着かなくなることが多い。「黄色い看板……」などという金融業者のTVコマーシャルの巨大なモニュメントのようなものに、京都の意匠も隠れてしまっているようである。

カテゴリー: 吉岡幸雄 思うままに
吉岡版思うままに「看板と暖簾」 はコメントを受け付けていません。

染料になる樹 – 花水木の花、胡桃の花序

京都の洛南、伏見にある私の工房は、昔の長屋の建物である。隣が引っ越しされるたびに父が借り足していったものだから、必然的に横に長くのびた家になっている。

幸い、東西に長くなっているので、南に面して細い庭があり、どこも日当たりがよく、染料になる樹もたくさん植えてある。

4月下旬あたりには、花水木の花が白系と淡い紅系のものと2種咲いて、朝日に照らされて美しかった。ところが、ここ2、3日でもう散っている。

胡桃の花序

胡桃の花序

そうかと思えば、胡桃 (くるみ) の樹には、花というよりも、細長い小さな実のようなものが垂れ下っている。植物事典などを見ると、それは花序 (かじょ) で、枝の頂上から1本垂れているのが雌花、その横に4、5本垂れているのが雄花であるらしい。それもこのところ散ってしまって、屋根瓦のうえに広がっている。花序というのは、複数の花が集団をなしていることをいう。

カバノキ、ハンノキ、ナラなども同じように花序が枝から垂れている。

5月になって樹々は華麗な色とはいえないが、黄から萌黄色の花序をたくさんつける。山を見ると、緑の新しい葉のうえに浮き上がるように見えるのが花序である。

やがてこれらは実を結んで、夏にかけて生長する。その実の中にはたくさんのタンニン酸が蓄積されていくのである。

ブナ科のナラやカシ、カバノキ科のハンノキの類い、そしてフトモモ科のクルミ、どれも植物染をもっぱらとする者なら、お世話になっているものばかりである。

5月は、工房の小さな庭にも新しい生命の息吹が感じられる時である。

カテゴリー: 工房の季節便り
タグ: ,
染料になる樹 – 花水木の花、胡桃の花序 はコメントを受け付けていません。

桜鼠(さくらねずみ)

京都の洛南に墨染というところがある。

この前も東京から来られた人と車に同乗していて、そこを通った折に、昔はこのあたりで墨で染物をしていたのですかと、尋ねられた。そうではなくて、地名は次のような歌に由来しているのである。

『古今和歌集』に収められている「深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染めに咲け」と上野岑雄 (かむつけのみねお) が、友人である藤原基経 (もとつね) が亡くなったのを悲しんで詠んだものである。

平安時代、都の南・深草の里は貴族の別荘が営まれていて、その一角に桜の名所があった。岑雄は、親しい人が亡くなると、鈍色、すなわち薄墨色の服を着て喪に服するのだから、せめて今年だけはこの美しい桜も墨色がかったような桜鼠の色に咲いてくれと願いをこめて歌をつくったのである。それからその深草 (ふかくさ) の里の一角は墨染と呼ばれるようになった。

「桜鼠」という色名は、このようなところから由来していて、私の工房では、淡い紅色に染めてから、檳榔樹の実をお歯黒鉄で媒染して薄墨色をかけている。

岐阜県根尾谷の淡墨桜

岐阜県根尾谷の淡墨桜

この歌を表すかのような色をした桜が岐阜県根尾谷にあって、満開の頃は多くの人びとが訪れるらしい。

私はその地へおもむいていないが、この樹が分枝された弟分が、奈良西の京の薬師寺の寺務所前にあって、何度も拝見している。三月三十日から四月五日まで薬師寺では「花会式」が行なわれる。その儀式を見学する前に、薄墨桜とも出会ってほしいものである。

日本の色辞典桜鼠鈍色の色標本と詳しい解説は
日本の色辞典』をご覧ください。
吉岡幸雄・著 (紫紅社刊)

王朝のかさね色辞典王朝のかさね色辞典』吉岡幸雄・著 (紫紅社刊) の「桜の襲 (かさね)」には、植物染で再現された桜の襲、薄花桜の襲、白桜の襲、樺桜の襲、桜萌黄の襲、松桜の襲など、桜の襲だけで25種類のかさねが紹介されています。

カテゴリー: 季の色
タグ: ,
桜鼠(さくらねずみ) はコメントを受け付けていません。