桃染(ももぞめ)

桃の花

桃の花

三月三日は、「桃の節句」雛祭である。京都では旧暦にしたがって四月に行なわれることが多い。

今日では雛壇に有職風な雛が並び、その下に五人官女などと雛道具が、豪華に並ぶのが当たり前のようになっているが、本来の三月三日の節句はそうしたものではなかった。「上巳の祓 (じょうしのはらえ)」と称し、三月の最初の巳の日に水辺に出て穢れや禍を祓う習わしが、古来、中国にあった。それは「水」の精への祭のひとつとして、禍を流水に託して、とりのぞくということからであった。

人形 (ひとかた) を造って、それに我が身の禍を移して流すということが、我が国でも行われ、平安になって、天皇や貴族が水辺に行幸して宴を催すようになった。これが「曲水の宴」に結びついたのである。三月三日が桃の節句となって、雛人形を華やかに飾るようになったのは江戸時代からである。

ところで、この季節に咲く桃の花は、中国が原産で、日本へは弥生から古墳時代にかけて渡来してきたらしい。ただ、『古事記』、『万葉集』に記された「モモ」がすべて「桃」であるのか「ヤマモモ」であるのかは判断がむつかしいという。

清少納言の『枕草子』に「三月。三日はうらうらとのどかに照りたる。桃の花。いま咲きはじむる。」とある。三月三日の三の数が重なる節句に桃の花が咲き、それにからめていることが知られる。この頃から「桃の節句」が定着していたと思われる。

だが、桃の果実は平安時代以降、梅、桜のようにその季の彩りを尊び、詩歌や物語、随筆などに登場することは少ない。そのせいか、桃を描いた絵画やデザイン化した工芸品もその例が少ない。

私の記憶では、西本願寺の北と南の能舞台の蟇股に桃の豊かな花と実が表されている。桃山時代の香を伝えて、秀逸である。(『日本のデザイン』第14巻 五穀・蔬菜・果実 98頁〜99頁参照)

そういえば、桃山時代の名の由来は、秀吉が京都の洛南に伏見城を建立した地が、もともと伏見山という地名であったものが、その伏見城が崩壊したあと江戸時代に、桃の木が植えられて、一帯が桃畑のようになってから、桃山という地名に変わったからである。本当は、近世の始まりは「安土伏見時代」と名付けられるべきであろう。江戸元禄時代の俳人、松尾芭蕉はこの地をたずねて「わが衣に伏見の桃の雫せよ」という句を残している。

最後に余談だが、桃色のことを日本ではピンクということが多いが、英語の pink はなでしこのことである。(『日本の色辞典』桃染 47頁参照)

日本の色辞典桃染の色標本と詳しい解説は
日本の色辞典』をご覧ください。
吉岡幸雄・著 (紫紅社刊)

カテゴリー: 季の色
桃染(ももぞめ) はコメントを受け付けていません。

フランス「シャネル」から染司よしおか工房見学に

2月21日 (金)、よしおか工房へ、フランス「シャネル」ディレクター、ドミニク・モンクルトワさん、社長リシャール・コラスさんがおいでになった。

NHKハイビジョン及び国際放送の「古代の赤に煌きを ─カラークリエーターの日本色彩紀行─」の取材のため、紅花染の工程を見学し撮影をされる。色と香をご覧になる「眼」が印象的でした。

2月23日 (日)、朝9時奈良東大寺へ、二月堂修二会、別火坊で行われている「椿の花ごしらえ」をシャネルの一行と見学。そこでもモンクルトワさんの鋭い眼と好奇心のあふれる姿に感心する。終了後、大仏殿へ参拝。

 

吉岡幸雄 色辞典吉岡幸雄 書籍
著者直筆サイン入り本もございます。

カテゴリー: 海外交流
タグ:
フランス「シャネル」から染司よしおか工房見学に はコメントを受け付けていません。

四騎獅子狩文錦を法隆寺に御奉納

一昨年から、私の工房で大きな機をしつらえて織っておりました、法隆寺四騎獅子狩文錦がこのたびようやく織りあがって、法隆寺へ御奉納することができました。

続きを読む

カテゴリー: 四騎獅子狩文錦
タグ: ,
四騎獅子狩文錦を法隆寺に御奉納 はコメントを受け付けていません。

お水取り椿の造り花のための和紙染めが佳境に

東大寺のお水取り (修二会) のおりに十一面観音にささげる椿の造り花のための和紙染めが佳境に入っています。

一日3kgの紅花を水に浸けこみ、翌日、黄水洗いをして、藁灰の灰汁で揉み込んで赤色を抽出し、米酢を入れて木綿に染め、それを再び少量の灰汁に入れて濃い紅色にして、次に烏梅で発色させます。

翌日、それを羽二重の上に流して、その上にのこった輝くような紅の泥 (艶紅) を集めて、和紙に塗ります。

4〜5回塗って濃き紅にします。3kgの紅花で和紙がようやく3枚染めあがります。

2月20日に東大寺に納めます。2月23日が椿の花の花ごしらえの日です。

艶紅 (つやべに/ひかりべに) の色と解説は『日本の色辞典』紫紅社刊 42ページに解説されています。

カテゴリー: 修二会(お水取り)
タグ:
お水取り椿の造り花のための和紙染めが佳境に はコメントを受け付けていません。

法隆寺伝来国宝「四騎獅子狩文錦」復元完成

空引機で古式にのっとり織りあげていた獅子狩文錦が五完全、法隆寺に今日まで伝来しているものと同じ大きさ (高さ2メートル50センチ、巾1メートル39センチ) に織りあがり機からおろしました。

続きを読む

カテゴリー: 四騎獅子狩文錦
タグ: ,
法隆寺伝来国宝「四騎獅子狩文錦」復元完成 はコメントを受け付けていません。