桔梗(ききょう)

尾形光琳「秋草文様描絵小袖」/「日本のデザイン」第2巻より

尾形光琳「秋草文様描絵小袖」

この原稿を書いているのは7月13日、早いところではもう桔梗の花が咲いている。今年の季の移ろいが早いだけではない。ここ十年、二十年はすっかり真夏の花になっているようである。

だが、桔梗は秋の七草の一つで、江戸時代の琳派の絵には、芒 (すすき) とともに描かれている例を多く見る。今日も近くの宇治川の川辺に群生している芒を見てきたが、まだ穂は出ていなかった。おそらく8月も中頃をすぎないと出てこないであろう。

桔梗の花は、鐘を上にむけたような形で花冠は5つに分かれていて、淡い青紫の色である。私どもの工房では、このような色は藍と紅花をかけ合わせて、「二藍」として染色をする。

梅雨の湿りをおびて、日毎に背が高くなってくる。7月にはいると太陽の強い日ざしが、その葉を色濃くしていく。緑の美しい葉がふれあうように育っていく。

江戸時代の尾形光琳の描いた桔梗図がいくつかあるが、江戸の豪商冬木家のために描いた有名な「秋草文様描絵小袖」は、藍より精製した藍蝋で描いていて、紫系の色は見られない。たらし込みの技法で何気なく五弁の花を描いているが、すばらしい筆はこびで鐘形の立体感が見える。

京都の夏はこれからが本番。早く秋風が吹いてくれる日が来ないかと願う毎日である。

日本のデザイン2: 秋草日本のデザイン2: 秋草
吉岡幸雄 (編集)
紫紅社刊

カテゴリー: 季の文様
タグ: ,
桔梗(ききょう) はコメントを受け付けていません。

朝顔(あさがお)

色絵朝顔柴垣文皿『日本のデザイン』第9巻より

色絵朝顔柴垣文皿『日本のデザイン』第9巻より

もうすぐ7月、朝早く起きると朝顔の花が開いていて、その姿を見ると日々の暑さで辛い身体も、少しなごむような気がする。江戸時代に随分改良されて大きな花になったようであるが、もともとはもう少し小さく可憐な花であった。

朝顔の花が絵画やデザインとして染織品や陶器に写されたものはそう多くないが、この鍋島の絵皿などは、小柴垣にからみながら、美しい花を咲かせて、出色の意匠である。

私は京都で育ったので、浅草の朝顔市はまだ知らないが、一度は訪れてみたいものだと思っている。

日本のデザイン9: 藤・柳・春夏草日本のデザイン9: 藤・柳・春夏草
吉岡幸雄 (編集)
紫紅社刊

カテゴリー: 季の文様
タグ:
朝顔(あさがお) はコメントを受け付けていません。

朱華(はねず)の色

染司よしおか工房の庭に咲くザクロの花

工房の庭に咲くザクロの花

私の染工房の庭にザクロの花が咲いている。新緑の小さな葉のかさなりのなかに、鮮やかな黄味のかかった赤色に、通りかかる人も眼をうばわれるのか、立ち止まっては眺めていく。今年は、例年より早く咲いて、もう散りかけのものもある。そのあとには、これも花と同じような鮮烈な色の小さな実がなっている。

ザクロは中近東からインドにかけてが原産の植物でシルクロードを東進して、中国を経て日本へもたらされた。これほどどこの自然風土にも生育する丈夫な樹も珍しいといわれている。

遠く奈良時代、天武天皇の時に、「朱華」という色名が用いられた。これは中国において、「黄丹」という黄赤の色が尊ばれていたことの影響らしいが、日本の、万葉の時代の人々は、ザクロの花を往時「はねず」と呼んでいて、その花を色名としたらしい。

文字どおり、朱がかった華の意味で、これを表わすには、朱や鉛丹といった顔料がふさわしいが、染色においては、あらかじめ支子で黄色に染めてから、紅花を何度もかけて、濃くしていくのがいい。

ザクロの花も実も初夏の頃は、まさに朱のような彩りであるが、やがて実が生長していくと、緑と赤のまじった果皮になって、なかには赤いジュースを含んだ種がたくさんできる。

果皮は採集したあと、乾燥させておくと、下痢止め、虫下しなどの薬にもなり、染料にもなる。だが、その色は赤ではなくて、渋い黄色に染まる。眼に見える植物の色素の色と、実際に染色した色の不思議な関係である。原産地ペルシャでは絨毯の染料として知られる。

日本の色辞典『日本書紀』に登場する「朱花」や
『万葉集』に登場する「朱華」の色について
より詳しくは『日本の色辞典』をご覧ください。
吉岡幸雄・著 (紫紅社刊)

カテゴリー: 季の色
タグ:
朱華(はねず)の色 はコメントを受け付けていません。

常夏(とこなつ)

『日本のデザイン』第1巻 源氏物語「常夏」より

『日本のデザイン』第1巻 源氏物語「常夏」より

暑い京都の夏をどのようにすごすか。これは現代だけではなく、千年以上も前の都人もそうだった。それを如実に表現しているのが『源氏物語』の「常夏」の帖である。平安時代の寝殿造りの屋敷のなかには池が造られ、小川が流れていた。そこに釣殿という池に張り出した殿舎があった。

この帖は、光源氏が「いと暑き日、東の釣殿に出でたまひて涼みたまふ」という書き出しで始まっている。息子の夕霧や親しい殿上人たちと、西川 (今の桂川) の鮎を取り寄せて、宴会をしている場面である。

京都では、今は5月から鴨川に床 (ゆか) が張られて、涼みながらの食事の光景が見られるが、これの貴族版である。大御酒、氷水、水飯などを食べている。氷水は冬の間、北山に数カ所あった氷室に貯めておいた氷。水飯とは、この当時まだ「茶」が日本にはなかったので、水茶漬けを食べていたのである。

日本のデザイン1: 源氏物語日本のデザイン1: 源氏物語
吉岡幸雄 (編集)
紫紅社刊

カテゴリー: 季の文様
タグ:
常夏(とこなつ) はコメントを受け付けていません。

杜若色(かきつばたいろ)

杜若の花『日本の色辞典』より

杜若の花『日本の色辞典』より

五月の中頃をすぎると、杜若の花便りあちこちから聞こえてくる。剣を立てたような深い緑の葉の重なりのうえに、わずかに赤味をおびた紫の花がのったように咲いている。

京都であれば、上賀茂神社の末社、大田神社の群生がよく知られている。山科の勧修寺の花も見事である。その美しい姿を見ると、誰もが鮮やかな花の色を衣に写したいという衝動にかられるだろう。

万葉の大らかな時代の人は、「住吉の浅沢小野の杜若衣に摺りつけ着む日知らずも」という歌をのこしている。花染、あるいは摺り染という、子供が道すがら野に咲く花を摺るような遊び心を歌っているのである。だが、このような幼稚な染色では、しばらくは花の色が保たれているが、水に遭えばたちまち流れてしまう。

杜若の花のような紫の色は、古来、高貴な色として尊ばれてきた。それをあらわすには、中国や日本では紫草の根を用いる。

紫草は、杜若と同じ頃に花をつけるが、それは白く小さく可憐である。その草の姿からは、紫の色はまったく観ることはできない。

土のなかに伸びている根に色素が含まれているのである。

私たちの工房では、この根を石臼で搗いてから麻の袋に入れ、湯のなかで揉みながら紫の色を出す。これで染めたあとは椿の生木を焼いてつくった灰の液を漉したもので発色していくと、杜若の花の色になる。

日本の色辞典杜若色杜若の襲の色目について
より詳しくは『日本の色辞典』をご覧ください。
吉岡幸雄・著 (紫紅社刊)

カテゴリー: 季の色
タグ:
杜若色(かきつばたいろ) はコメントを受け付けていません。