季の色」カテゴリーアーカイブ

空五倍子色(うつぶしいろ)

この漢字を読める方は何人おられるだろうか。この空五倍子色の原典は『古今和歌集』にある。「世をいとひ木の本ごとに立ちよりて空五倍子染めの麻の衣なり」という歌である。あてもなく行脚して、疲れ果てて、木陰にうつ伏している僧侶、 … 続きを読む

カテゴリー: 季の色
タグ: , ,
空五倍子色(うつぶしいろ) はコメントを受け付けていません

支子色(くちなしいろ)

夏のはじめに白い花をつけてあたりに芳香を放っていた支子は、秋の終わりから冬のはじめにかけて、黄赤色の酒徳利のような形をした小さな実をつける。 中国ではこの実を古くから染料や薬用に用いていた記録があり、日本でも飛鳥から奈良 … 続きを読む

カテゴリー: 季の色
タグ: , ,
支子色(くちなしいろ) はコメントを受け付けていません

秋の名残

今年は何十年ぶりか、紅葉の彩りが美しかったと言われている。 京都もいつもより2週間ほど早く色づき、私も久しぶりに麗しい黄や紅の葉のかさなりを観たようだった。11月11日から大分県竹田市へ出かけたが、九重連峰の秋色も存分に … 続きを読む

カテゴリー: 季の色
タグ:
秋の名残 はコメントを受け付けていません

紅葉(もみじ)

今年の秋は例年より寒さが厳しいようで、山の樹々の葉が色づくのも早くなるような気がする。 秋の紅葉は古くより「錦」の織物の美しさにたとえられてきた。 『古今集』のなかの秋歌下に「霜のたて 露のぬきこそ よわからし 山の錦の … 続きを読む

カテゴリー: 季の色
タグ:
紅葉(もみじ) はコメントを受け付けていません

栗色(くりいろ)

栗の樹に、毬 (いが) がはじけるように大きくなって、数えられないほど付く季節になった。秋の風が栗をゆらすと、土の上に一つ、二つと、それが落ちていく。棘がささらないように拾うと、なかには赤味をおびた茶色の艶やかな実が入っ … 続きを読む

カテゴリー: 季の色
タグ:
栗色(くりいろ) はコメントを受け付けていません