工房の季節便り」カテゴリーアーカイブ

DIC川村記念美術館「日本の伝統色~庭園の色彩に触れながら~」

2014年6月21日、DIC川村記念美術館にて吉岡幸雄講演会「日本の伝統色~庭園の色彩に触れながら~」が開催されました。 吉岡幸雄 書籍著者直筆サイン入り本もございます。

カテゴリー: 工房の季節便り
DIC川村記念美術館「日本の伝統色~庭園の色彩に触れながら~」 はコメントを受け付けていません

9年目を迎えた伊賀上野・榮井農園さんでの紅花摘み

いつも「染司よしおか」をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。 例年より早い梅雨明け、暑い日が続いております。京都では祇園祭が始まり、いよいよ山鉾巡行の日を迎えます。 毎年、七夕の頃から伊賀上野の榮井農園さんにて紅花 … 続きを読む

カテゴリー: 工房の季節便り
タグ:
9年目を迎えた伊賀上野・榮井農園さんでの紅花摘み はコメントを受け付けていません

「石清水八幡宮に捧げる御花を和紙でつくって奉納しよう」@京都府八幡市石清水八幡宮

心游舎は「日本の伝統文化が生き続けることができる土壌を形成したい」、そしてその核となる子供たちに「本物の日本文化にふれる機会を提供したい」という三笠宮彬子女王殿下の思いに共鳴した有志一同で設立した団体です。 今回はその心 … 続きを読む

カテゴリー: 工房の季節便り
タグ:
「石清水八幡宮に捧げる御花を和紙でつくって奉納しよう」@京都府八幡市石清水八幡宮 はコメントを受け付けていません

奈良文化財研究所「親子のための古代体験-植物で美しい色を染めよう」

奈良文化財研究所で育てられた蓼藍を収穫し、その葉を使って絹のストールを染めるというワークショップを行ないました。 当日20人の子供たちが、藍を収穫し、その葉っぱをちぎり、酢水の中ででもむ事約1時間。一生懸命もんだおかげで … 続きを読む

カテゴリー: 工房の季節便り
タグ:
奈良文化財研究所「親子のための古代体験-植物で美しい色を染めよう」 はコメントを受け付けていません

「花拵え (はなごしらえ) − 古都の染め和紙と花神饌 (はなしんせん)」@高崎市染料植物園

2012年4月28日〜6月3日、群馬県高崎市の高崎市染料植物園にて開催された「花拵え (はなごしらえ) − 古都の染め和紙と花神饌 (はなしんせん)」にて、染司よしおかの染和紙や造花が展示されました。 『古都、奈良や京都 … 続きを読む

カテゴリー: 工房の季節便り
タグ: , ,
「花拵え (はなごしらえ) − 古都の染め和紙と花神饌 (はなしんせん)」@高崎市染料植物園 はコメントを受け付けていません