映画「紫」


工房の日常を克明に記録したドキュメンタリー映画「紫」を、10月20日 (土) から東京渋谷のシアター・イメージフォーラムで上映して頂くことになりました。

この映画は、川瀬美香監督が工房の近くに住まいを借り、そこから通いながら撮られたものです。通常、撮影というと、カメラマンさん、照明さん、音声さん、ディレクターさんなど沢山のスタッフが工房に来られて撮るという印象だったのだが、監督は1人で全て撮影されました。

監督から私達に指示はなく、時折質問が入る程度で、この映画のもう一人の主人公、染師の福田さんは、途中でそれが映像の撮影である、と気付くまで、写真を撮っているのだと思っていた位自然な形で撮影は進められ、そのスタイルのお蔭で、映画「紫」は毎日毎日くり返される、「染司よしおか」の日常そのものの姿を映し出しています。

そして、この映画の大半を撮っていたのは2011年の冬で、その3月には東北の震災があった、私達にとっても感慨深い年です。自然から恵みをうけながら染織できるのが私達の仕事であり、またその偉大さをあらためて知らされたのもこの年です。映画の中で、当代吉岡幸雄の話す中にも「(地球の中で)ありがたく暮させてもらっている精神性がないと駄目」という言葉があり、その意味が、この映画に詰まっております。

映画上映の詳しい上映情報はこちらをご覧下さいませ。
映画「紫」東京・渋谷 シアター・イメージフォーラム上映
http://www.art-true.com/purple/pub.html

初日10月20日 (土) は、上映終了後、川瀬美香監督と共に舞台挨拶をさせて頂きます。また、10月26日 (金) 19時より代官山 蔦屋にてトークショーを開催させて頂く予定です。こちらは詳細が決まりましたら再度お知らせさせて頂きます(代官山蔦屋書店での映画「紫」公開記念トークショーの詳細決定。要予約)。

新春 1/5 (土) 〜1/18 (金)
大阪 十三 第七藝術劇場にて映画「紫」連続上映!

 

吉岡幸雄 色辞典吉岡幸雄 書籍
著者直筆サイン入り本もございます。


カテゴリー: お知らせ
タグ: ,
この投稿のURL