紫草」タグアーカイブ

映画「紫」

工房の日常を克明に記録したドキュメンタリー映画「紫」を、10月20日 (土) から東京渋谷のシアター・イメージフォーラムで上映して頂くことになりました。 この映画は、川瀬美香監督が工房の近くに住まいを借り、そこから通いな … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ
タグ: ,
映画「紫」 はコメントを受け付けていません。

映画「紫」の撮影で大分に

映画「紫」の撮影に立合うために、大分県豊後竹田市の「志土知 (しとち)」という山里に行ってきました。紫草の根、紫根を育てておられるところです。今年は生育もかなり良好のようです。 紫根を育てている畑にて 紫草の花 紫八幡社 … 続きを読む

カテゴリー: 工房の季節便り
タグ:
映画「紫」の撮影で大分に はコメントを受け付けていません。

「東大寺大仏開眼1250年慶讃大法要」終わる

10月15日〜19日 大仏開眼1250年慶讃大法要は晴天に恵まれ、華々しく行われ、天平の彩りが再現された。

カテゴリー: 大仏開眼1250年慶讃大法要, 東大寺管長紫衣
タグ: , ,
「東大寺大仏開眼1250年慶讃大法要」終わる はコメントを受け付けていません。

東大寺管長の紫衣を織る

日本においても紫は飛鳥時代より高貴な色として崇められてきたのである。東大寺正倉院に今日も遺る染織品にも紫草の根、つまり紫根で染められたと考えられるものをいくつか見ることができる。 とくに聖武天皇が御遺愛のものであったとい … 続きを読む

カテゴリー: 東大寺管長紫衣
タグ:
東大寺管長の紫衣を織る はコメントを受け付けていません。

杜若色(かきつばたいろ)

五月の中頃をすぎると、杜若の花便りあちこちから聞こえてくる。剣を立てたような深い緑の葉の重なりのうえに、わずかに赤味をおびた紫の花がのったように咲いている。 京都であれば、上賀茂神社の末社、大田神社の群生がよく知られてい … 続きを読む

カテゴリー: 季の色
タグ:
杜若色(かきつばたいろ) はコメントを受け付けていません。