「花拵え (はなごしらえ) − 古都の染め和紙と花神饌 (はなしんせん)」@高崎市染料植物園

2012年4月28日〜6月3日、群馬県高崎市の高崎市染料植物園にて開催された「花拵え (はなごしらえ) − 古都の染め和紙と花神饌 (はなしんせん)」にて、染司よしおかの染和紙や造花が展示されました。

『古都、奈良や京都の古い歴史を持つ寺社の中には、染め和紙で季節おりおりの花や鳥をつくり、神仏に供える伝統行事を今も続けるところがあります。染織史家の吉岡幸雄氏率いる「染司よしおか」は、飛鳥天平の時代から江戸時代まで受け継がれてきた天然染料による日本の伝統色の再現や技の復活への取り組みを続けていますが、1200年前から絶えることなく行われているという奈良 東大寺の修二会 (しゅにえ)で十一面観音に捧げられる椿の造花、薬師寺の 花会式 (はなえしき)の造花4種、京都石清水八幡宮の供花神饌 (きょうかしんせん)には、その技がいかされています。』(展示会案内文より)

王朝のかさね色辞典王朝のかさね色辞典
吉岡幸雄・著 (紫紅社刊)
襲 (かさね) の色目240色を
伝統的な植物染の染め和紙で完全再現

カテゴリー: 工房の季節便り
タグ: , ,
「花拵え (はなごしらえ) − 古都の染め和紙と花神饌 (はなしんせん)」@高崎市染料植物園 はコメントを受け付けていません。

『王朝のかさね色辞典』吉岡幸雄 「はじめに」より

『王朝のかさね色辞典』吉岡幸雄著

『王朝のかさね色辞典』吉岡幸雄著

かさね色」あるいは「かさねの色目」という日本の色彩文化の流れをさぐるうえで重要な項目がある。

「かさね」は「重」または「襲」という漢字をあてることもある。

わが国は飛鳥、奈良時代を通じて政治体制のみならず文化芸術においても中国の随や唐の影響を大きく受けてきた。それが平安時代に入って菅原道真の進言による遣唐使の廃止 (894年) 以降、しだいにわが国独自の文化、つまり和洋文化が萌芽することになる。

衣裳においても同様で、平安時代もなかごろになると貴族たちの衣裳は今日のきものに通じる直線裁ちの形が完成したのである。直線裁ちにすることによって、下着から数えると三枚から五枚、多いものでは八枚を重ねて着ることができるようになった。「かさね衣裳」は、今日の表現では十二単とよばれるようなものとみてもいい。

そのかさね衣裳は、美しく染めた絹布一枚の大きさをわずかに変えて仕立てて、襟元、袖、裾を少しずつずらして着用する。そのずらすことによってできた色の重なりに、その季節に咲く草木花の彩りを表現するのが王朝貴族のたしなみであった。

そのころは必ずしも衣裳だけではなかった。調度では御簾や机帳が季節の色に染められた。また手紙やそれを包む和紙の彩りにも「かさね色」は多用された。

『源氏物語』や『枕草子』などを読むと、衣裳や文 (ふみ) の和紙の彩りに対する「季 (とき) にあひたる」というほめ言葉がたびたびみられる。春なら梅、桜、初夏には菖蒲、杜若、秋なら紅葉というように、季節にあわせてかさね色を選び工夫することが貴族の心がけになってゆく。

そうした色彩の組み合わせをどのように工夫するかは、その当人と仕える女房たちが季節の草木花をあれこれとおもいめぐらせて、染め色をおおらかに決めていったのである。

それがやがて平安時代の終わりころから、色の順序や衣裳の形などをあたかも決まりごとのようにする風潮がでてきた。いわゆる有職故実 (ゆうそくこじつ) である。さらに貴族社会から武家の時代になると、だれにもわかりやすいように教科書的に記された有職故実も出現するようになった。

平安朝文化へのあこがれは、武家の世も、江戸時代に町人が文化の担い手となっても、とだえることはなく、「かさね色」についての有職故実の研究もつづいた。

それらさまざまな説を集大成した『四季色目』(文政十三年=1830年刊) という書物があり、平安時代以降の研究の軌跡を通読することができる。

そのなかに記された色を、実際にどのような技法で染めたらいいのか戸惑いながらも、私は王朝文学などから色の記述を採出して、『延喜式』などを参考に往事の色の再現をつづけてきた。その間、日本の伝統色二百余色を植物染で再現した『日本の色辞典』や、『源氏物語』にあらわれた色をとりあげた『「源氏物語」の色辞典』も上梓した。

しかし、多くの伝統色を再現をしつつも、日本人の繊細な感性の結晶ともいうべき「かさね色」はつねに私の頭から離れないものであった。

『薄様色目』(下) と『かさねのいろめ』(上)

『薄様色目』(下) と『かさねのいろめ』(上)

そんななかで、あるとき「薄様色目(うすよういろめ)」という文化九年 (1812年) 発行の古書に出合ったのである。そこには、かさねの色目を染料だけでなく色刷木版の見本があった。色の保存状態もよかった。それをみているうちに、そこに記された二百四十種類のかさねの色を復元してみようという気持ちがわいてきた。

「薄様」とあるから、これは手紙やそれを包む和紙の彩りであることは承知していた。しかし色刷が刷られいることで日本人が育んできた季節の色の理解への近道ようにおもえたのである。しかも、それらは現代にも通じる配色の感性である。

この『薄様色目』を参考にしながら、和紙を中心とした植物染で王朝のかさね色へ挑んだのが本書である。

もっともそこに書かれてある記述や色刷がかならずしもすべて合点のいくものではなかったし、なぜこのような色の組み合わせかと不思議におもえるものもいくつもあった。そのため、私のこれまでの研究や経験をふまえてあらたに染色することにした。

さらに、ここに掲げたかさね色の再現にかんしては、二十一世紀の現代に生きる私の、植物染屋としての勝手な想像も多く入っていることを、冒頭で明らかにしておきたいとおもう。

平成二十三年十一月末日
吉岡幸雄

王朝のかさね色辞典王朝のかさね色辞典
吉岡幸雄・著 (紫紅社刊)
好評発売中!


カテゴリー: 吉岡幸雄 思うままに
タグ: , , , ,
『王朝のかさね色辞典』吉岡幸雄 「はじめに」より はコメントを受け付けていません。

「2011年度 グッドデザイン賞」受賞 住友林業 木造住宅の薄墨色の障子

住友林業 駒沢第二展示場木造住宅が今年度の「グッドデザイン賞」を受賞されました。

「非常に細部にまでこだわって丁寧にデザインされているのが見て取れる。数寄屋の魅力が現代の住宅に十二分に生かされているところが素晴らしい。ハウスメーカーとしてこれだけの精度の高い作品を作り上げた事は評価に値する。」というのが受賞理由です。

私共もそのお手伝いを致しまして、数寄屋風住宅の一角にある茶室の障子を植物染で薄墨色に染めさせて頂きました。

経師 鈴木源吾氏の手で美しく表具され、私ながら見事な空間であると自負しております。

2008年に受賞致しました成田空港第二ターミナル到着ロビーに続いて「グッドデザイン賞」の一端に関われた事を大変喜んでおります。

日本のしつらえ: 鈴木源吾 経師の技日本のしつらえ: 鈴木源吾 経師の技
鈴木源吾 (著者)
紫紅社刊

カテゴリー: 工房の季節便り
タグ: ,
「2011年度 グッドデザイン賞」受賞 住友林業 木造住宅の薄墨色の障子 はコメントを受け付けていません。

映画「紫」の撮影で大分に

映画「紫」の撮影に立合うために、大分県豊後竹田市の「志土知 (しとち)」という山里に行ってきました。紫草の根、紫根を育てておられるところです。今年は生育もかなり良好のようです。

 

カテゴリー: 工房の季節便り
タグ:
映画「紫」の撮影で大分に はコメントを受け付けていません。

藍畑

蓼藍の畑の様子です。今年は例年より早くうえましたので生育が早いようです。

藍畑 (2011年8月)

藍畑 (2011年8月)

カテゴリー: 工房の季節便り
タグ:
藍畑 はコメントを受け付けていません。