映画「紫」大阪へ


以前にもお知らせ致しましたが、「染司よしおか」の日常を克明にとらえたドキュメンタリー映画「紫」が2013年1月5日から大阪十三にあります第七藝術劇場にて上映されます。

映画にも登場する、東大寺の修二会 (お水取り) に使われる椿の造り花の和紙染めが本年も始まりました。赤い花びらと白い花びらのついた「糊こぼし」という名の椿。その赤い花びらは紅花で染められます。

映画が撮影されたのは 1,260回目の修二会の年、2011年でした。和紙を染めていたり、お納めに行ったり、花造りを拝見したりする風景が登場しますが、この時はまだ東北の震災前でした。3月11日に震災が起こってから伺った修二会は本当に意味が深く、改めて自然の大きさ、恐ろしさ、豊かさを感じました。この映画が完成し、上映が始まってから約一年、「染司よしおか」は変わらず同じ和紙を同じ枚数お納めし、自然に感謝をして、今日も染色を続けております。

新春 5日、6日、12日、13日 (追加となりました) 皆様とお会いできますことを楽しみに致しております。皆様どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

 

 

吉岡幸雄 色辞典吉岡幸雄 書籍
著者直筆サイン入り本もございます。


カテゴリー: お知らせ
タグ: , ,
この投稿のURL